ハンドメイド販売初心者におすすめな道具・ツール5選

ショップサイトに依存するハンドメイド作家のリスクと対策

依存

最近、ベイスの手数料が実質値上げとなり、それを受けて何も言えない自分にリスクを覚えました。

今回はそんなお話です。

 

1から自分でやってるつもり

ハンドメイド作家の皆さんは、なんでも自分一人でやってるつもりになっていませんか?

私はなんとなくそんなつもりでいました。

作品を作って、どうしたら売れるのか考えて、少しずつ売れ出して、もっと売りたくて頑張って…

全部自分でやっているつもりになってしまっていました。

もちろんお客様がいての話であることは意識してましたよ。

でも、なんとなく自分が頑張ればどうにかなる!

そう、なんでも1人でできてるつもりになっていたんです。

 

ベイスの値上げで気づいたこと

先日、私がハンドメイド販売で使用しているネットショップ作成サイト「ベイス」で実質的な手数料の値上げがありました。

今まで:3.6%+40円

これから:3%+3.6%+40円

要するに多少のサービス追加はあるものの実質3%の値上げじゃないですか!!

 

私はこれを受けて、かなり不満を覚えました。

「じゃあ、やめちゃえばいいじゃん」と思われる方もいるでしょう。

でも、やめてももっと良い所はなかなか無いわけです・・・

要するに、値上げをされても文句を言えない立場だったんです。
ただ、ベイスのシステムに私が乗ってただけ…

我々、販売者とベイスは対等では無いということを改めて感じました。

まぁ、よくよく考えればわかる話なんですけどね。

改めて実感しました。

 

普通の会社とはやはり違う

通常、会社などでは労働組合があり、どうしても許せない会社の横暴があれば、組合として対策を講じることができます。

例えば、

ボイコットのように、「全員で働かない!!」

なんてことは、ネット上じゃなかなかできません。

数人がベイスを辞めて、他のサイトにしたとしても大した話では無いのです。

そうです・・・

我々は、抵抗するすべを持っていません。

言われるがまま、我慢するしかないのです。

 

どうすれば自立できるのか

では、どうすれば自立したショップとしてやっていけるのでしょうか?

結論として完全な自立は難しいと言わざるおえません。

なぜなら、何かしらの関わりがないと店を経営することが難しいからです。

例えば、

自分でネットショップをシステムから構築したとしても、カード決済をする限りは手数料がかかるでしょう。

・委託するにしても手数料がかかります。

・実店舗でやるとしても賃料などがかかります。

・結局、完全に1人でやることは不可能に近いのです。

もしできることがあるとすれば・・・

ネット上でネットショップしている人を集め、労働組合のような団体を作るしかないのかもしれません。

何万ショップでショップの使用をやめます!!!

といえば、なにか変るのかもしれませんね。

 

実際にこの値上げを受けて、BASEで商品を確認してもらい、メッセージのやり取りをした後、直接振り込んでもらう(BASEを通さない)やり取りを始めている人もいるようです。

その分値引きしてくれるのであれば、お客様もショップもWINWINの関係と言えるでしょう。

 

まとめ

  • 我々ハンドメイド作家は、ショップサイトに逆らうことは難しいかもしれない(作家とショップは対等ではない)
  • 完全な自立は客観的に見て不可能に近い
  • ネット上のショップを集めて労働組合の様なものができると面白い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です