ハンドメイド販売初心者におすすめな道具・ツール5選

副業ハンドメイド販売における確定申告の必要性

確定申告

ハンドメイド販売を行っているみなさんは確定申告どうしているでしょうか?
よく会社員の副業で話題にあがる金額が20万だと思います。
今回はこの20万円について考えていきます。

20万以上の利益は確定申告!

会社員の副業でよく話題になるのが20万円の話だと思います。
20万以上なら確定申告!
なんとなくそんなことはわかる。
じゃあ20万円ってなんですか?
売上ですか?
違いますよ〜。
利益の部分です。
例えば30万円の売上があったとして、20万円分経費がかかっていれば…
30万一20万=10万円の利益です。
この場合、売上は20万円に届いていません。
逆に30万円の売上で経費が10万で済んでいれば、20万円の利益になります。
じゃあ、経費ってなんでしょう?
これは簡単に言えば、材料費だったり、材料を買いに行くための交通費とかになります。
これがよく話題にあがる20万円です。
利益が20万円を超えた場合は確定申告しなくていけません。

20万いかなければ確定申告しなくていいの?

じゃあ、20万にいかなければ確定申告しなくていいのでしょうか?
確定申告はしなくても大丈夫です。
でも、ここで気をつけなけれいけないことがあります。
申請しなくていいのは所得税だけだということです。
少しでも利益が出た時点で住民税を払う義務が発生します。
通常、確定申告(所得税の申請)をすれば、その情報が各自治体にいき、自動的に住民税に反映されます。
しかし、利益がでてるのに確定申告をしないということは自分で住民税を支払う申請をしなければいけないということです。
この部分だけは気をつけておく必要があると思います。

レシートの管理はしっかりと

さて、始めに経費の話をしましたが、みなさんはレシートをしっかり取っておいてあるでしょうか?
予想外に利益がでてしまい、いざ申告をする。
と、なったときに証明できないものは当然経費として認められません。
レシートは必ず取っておく。
ハンドメイド関係で出かけたら交通費はメモしておく。
ハンドメイド関係で食事をしたら領収書をもらっておく。
これくらいは最低限やっておいた方がいいと思います。
ハンドメイドのパーツは数十円のものもあり、
「これくらいならいいか。」
と無下にしてしまっていると後々痛い目をみます。
とりあえず、保存だけはしておきましょう。

白色申告?青色申告?

青色申告って聞いたことあると思います。
でも、白色申告なんてあるの??
そう思った方。
なんとなくわからないけど確定申告してる人。
そんな方は皆さん白色申告になります。

白色申告のメリット

申請の費用がない。
単式簿記での管理でいい。(要するにお金の出入り管理だけで資産としての考えはない)

白色申告のデメリット(青色申告なら受けられる)

特別控除がない。
赤字が繰り越せない
簡単に書くとこんな感じです。
始めは白色申告で売れるようになってきたら青色申告にしてもいいかもしれません。
青色申告の方が面倒ですが、メリットは大きいように感じます。
詳しくはまた別の機会に書きますね。

まとめ

  • うわさの20万は利益の話。
  • 20万に至らなくても住民税の申請は必要。
  • 無駄に税金を払わないためにレシートと領収書は取っておく。
  • 副業始めたてはお金の管理が簡単な白色申告がオススメ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です