ハンドメイド販売初心者におすすめな道具・ツール5選

ハンドメイド販売初心者におすすめの本5選!なかなか売れないあなたに!

ハンドメイド本

ハンドメイド販売をこれから始める方や初心者の方は、どうしたら上手く売れるのかわからないことも多いと思います。

ハンドメイドで商品を売っていくためには様々なコツがあります。

しかし、それは人それぞれのノウハウであり、自分のスタイルを確立するまではなかなか売れません。

その中で、少しでも早く、より多くの売り上げを上げるためにハンドメイド販売のための本がいくつか発売されています。

私も今や適当に売れていますが、初めは多くの本を読み漁り、試行錯誤しました。

この記事では、数あるハンドメイド販売本の中から5つ選びご紹介したいと思います。

売れっ子ハンドメイド作家になる本

一冊目は「売れっ子ハンドメイド作家になる本」です。

著者は雑貨屋さんの経営を行っていて、実際にハンドメイド作家さん向けに販売指導を行ってきた「たかはしあや」さんです。

ハンドメイド作家というよりは、経営者視点で書かれた内容になっています。

自分で作ったハンドメイド作品を販売するにはどうしたら良いのか?悩んでいる初心者向けの一冊です。

既にヤフオクやメルカリを使って売買をしたことがある人には少し物足りないかもしれませんが、これから仕事として販売を始めて、ハンドメイド作家として売上を伸ばしていきたい人にはオススメです。

材料の管理方法や効率よく作品を作製する方法、値段の付け方についても書いてあるので、作品を販売するのに勉強になりました。

見開き2ページで説明してくれる部分もあり、分かりやすいのが特徴です。

 

売れるハンドメイド作家の教科書

 

2冊目は「売れるハンドメイド作家の教科書」です。

著者はハンドメイドセミナーやコンサルをこなす「中尾亜由美」さんです。

多くの本がマーケットプレイスで上手く売る方法を唱えている中、この本は、販売サイトや委託販売先にできるだけ頼らないで、自分でやることでより利益率の高いハンドメイド販売をオススメしています。

その為、マーケップレイスでの売り方というよりは、SNSなどを使い自ら集客し、ブログを通すことでファンを増やし、自分の空間に引き込んでいくような戦略が紹介されているように感じます

もちろん、お金の管理方法や商品価格の設定、値上げのタイミングなど、少し売れるようになってきた人へのフォローもあります。

私のブログのこの本の影響を少なからず受けていると思います。

 

高くても売れる! ハンドメイド作家 ブランド作りの教科書

3冊目は「高くても売れる!ハンドメイド作家ブランド作りの教科書」です。

著者は、ハンドメイド作家としてだけでなくハンドメイドで起業するブランドのブランディングやショップのプロデュースにも携わっている「マツドアケミ」さんです。

売れっ子作家になるために自分の作品をブランドにしていくブランディング力について紹介してくれる一冊です。

可愛い作品を作って、写真を撮ってSNSにアップしているのになかなか売れない・・・と悩んでいる人にオススメです。

「どうしたら買ってくれるのか」、「買ってもらうために何をしたら良いのか」が書かれているだけでなく、具体的にハンドメイド作家さんの成功例がいくつか載っていてブランディングの方法や理由も説明してくれているので分かりやすかったです。

このブログでもたびたび言っていますが、ハンドメイド販売をやっていくのであればブランド化は必須だと思います。

ブランド化についてはコチラの本がオススメです。

確実に稼げる minne ハンドメイド 副業入門

4冊目は「確実に稼げるminneハンドメイド副業入門」です。

著書は、アクセサリー作家の「大嵜幸子」さんです。

ハンドメイド作品を作って売りたいと考えた時に、minneを思いつく人は多いと思います。

スマートフォンからも簡単に始められるイメージがあったのですが、具体的なシステムやどのように始めたら良いのか悩みました。

著者である大嵜さんがminneで作品を販売し、成功していることから、minneでの販売方法について初歩的なことから詳しく説明しています。

商品説明の仕方や販売設定方法など実際のminneの画面を掲載して説明しているので、初心者でも分かりやすい内容になっていると思います。

作家目線での内容なので、販売のポイントやクレームの対応なども説明されていて、自分で販売する時の参考にもなりました。

はじめてでもできる! ハンドメイド作家のたのしい売り方BOOK

5冊目は「はじめてでもできる! ハンドメイド作家のたのしい売り方BOOK」です。

著者はハンドメイド活動を8年ほどやった後に「ハンドメイド販売アドバイザー」としてハンドメイド部の部長をされている「白崎カオ」さんです。

ハンドメイド作家の基本である、始め方やターゲットの決め方から始まり、ブログでの集客や自分に合った販売スタイルは何なのかを説明しています。

このブログ内でも、自分にあった販売スタイルが重要であることはたびたび言っていますが、その辺もこの本には書いてあります。

また、実際にハンドメイド販売を始めてみたものの、なかなか売れないという方に対して、「売れない原因と対策」が細かく分けられて説明されています。

写真とイラストを合わせて説明がされているのでとてもわかりやすい一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です