ハンドメイド販売初心者におすすめな道具・ツール5選

副業ハンドメイドのお金の一部を資産運用して、毎月3万円の不労所得を得るには

副業投資

こんにちは、安月給サラリーマン兼副業ハンドメイド作家のきちきち(@kichi2hibiyory)です。

皆さんは副業ハンドメイドで稼いだお金を何に使っているでしょうか?

もちろん、生活の足しにしている人もいれば、お小遣いとして楽しく使っている人もいると思います。

しかし、いつ副業ハンドメイドの売上がなくなるかわかりません。

そんな時のために、売上の一部を資産運用して、毎月3万円くらいは不労所得のシステムを作っておきたいと思います。

副業ハンドメイド収入はいつなくなるかわからない

今は副業ハンドメイドがうまくいっており、ある程度の収入があるかもしれません。

しかし、今度それがなくなる可能性を考えたことはありますか?

例えば手を怪我してできなくなったり、ハンドメイド販売自体が衰退して売れなくなるかもしれません、販売サイトの手数料がものすごく高くなり割りに合わなくなる可能性だってあります。

その時に、今以上の労力をかけて同じだけ稼いでいけるのか

私には無理かもしれません。

いざ、そうなった時に、副業ハンドメイドの収入を生活のアテにしていると困ることになります。

そうならないために、私は副業ハンドメイドで得た収入の全てを使い切るのではなく、一部を資産運用する事で、必要お金を生み出すシステムを作りたいと思います。

 

コップから溢れた水だけ飲む

お金持ちの話になると度々出てくる話があります。

それは

「お金持ちはコップから溢れた水しか飲まない」

という話です。

これはどうゆうことかというと・・・

天井から水がポタポタ垂れてきます…

コップが1つあります。

当然、コップで水を受けますよね。

多くの人が溜まった水を飲んでしまいます。

しかし、お金持ちの考え方は違います。

貯めて貯めて、満タンになった後、溢れた分だけを飲むのです。

水をお金に見立てた話になります。

ピンとこない人はあまり気にしないでくださいww

要するに使ったお金はそれで終わりですが、貯めたお金は資産となりお金を産むということです。

 

お金を働かせれば、自分はたくさん働く必要ない

よく投資の中であるお金を働かせるという話…

なんか、怪しいし詐欺じゃないの?実際そんなうまく行くの?

って思いますよね。

私もそう思ってました。

でも、今は資産運用を始めてます。

ここでは、お金を働かせるということについて考えていきます。

 

お金のレンタルと考えるとわかりやすい

皆さん色々レンタルしますよね?

昔からあるのはDVDです。

DVDを借りればお金がかかります。

お金を借りると利子がかかります。

では、お金を貸したらどうでしょう?

同じように利子のようなものがもらえていいはずです。

投資というのは、このようにお金を貸した手数料や利子だと考えればいいのです。

貸したお金に対して、配当金や利子のような形でお金をもらえます。

株の場合は、貸したお金が変動するということです。

お金は貸した額が大きいだけ、利子も大きくなります。

DVDだって1枚貸借りるのと、100枚借りるのではレンタル料が違いますよね?

同じです。

 

実際年利4%くらいはいけた

私は5年くらい株式をやってみました。

デイトレードやFXなどリスクが高いものも試しました。

上がったり下がったりも当然あり、現在の結果は年利4%程度に落ち着きました。

頻繁に売ったり買ったする必要があるわけではありません。

例えば、配当が良いことで有名なのがJT (日本たばこ産業)です。

現在の株価格が2774円、配当金が年間150円となっています。

つまり、単純計算で、5.4%の配当金が入ってくるということです。

JTは100株単位なので、株(約28万円)を持っているだけで年間15000円の配当金がもらえるのです(ここから税金20%引かれます)。

こうやってみると年利4%というのはかなり現実的な数字であることがわかります。

 

今いくら必要か今後いくら必要か

今いくら必要か

ここからはどれだけ投資してどれだけ今使うかの話です。

私は副業ハンドメイド販売をやっているので、基本的に家計からのお小遣いは返上しています。

子供が生まれる前にはかからなかった子供用品やミルクオムツ代もあるのでそちらに回しています。

私は現状、月2万円くらいあればお小遣いとしては十分だと思っています。

ハンドメイドで使うお金は基本的にハンドメイド内でお金が回っているので必要になることもありません。

まだ子供も小さいですし、そこまでお金を使うタイミングもありません。

 

今後はいくら必要か

とはいえ、今後子供におもちゃを買ってあげたりと考えると、長い目で見て月+3万は欲しいと考えています。

学校に入ればまた必要な経費が増えていきますし…

では、月3万円の不労所得を得るにはどうしたらいいでしょうか?

 

月3万円の不労所得を得るには

月3万円ということは年間36万円の配当金があればいいということになります。

年利4%で年間36万円得るには900万円必要になります。

なぁんだ。900万円投資したら月3万円もらえるのか!

「まじか?!900万なんて無理じゃん」

「人によって感じ方が違うと思います」

まぁ、どう思っても金額は変わりませんので貯めるしかないわけです。

年利4%で900万円貯めるにはどれくらい必要なのか見ていくと…

月に約36000円投資していけば15年で900万円に達する計算です。

15年は長いよ…というのであれば、月々の積立を増やせばいいです。

月61000円積立ていけば10年で900万円に達する計算になります。

年利が良ければ当然もっと早く達成するされます。

あとは、どれだけ積み立てられるかが勝負です。

 

実際には副業ハンドメイド販売からどれくらい投資できるか

私の場合、副業ハンドメイド販売は、月平均で6万円くらいの利益を見込み、そのうちの2万円をお小遣いとして使う予定なので、残りの4万円は積立投資に回す予定です。

年利4%、月4万円積立

だと、

900万円積み立てるのに14年間になります。

ということで、14年間は副業ハンドメイド販売を頑張ろうと思っています。

長い戦いのような気がしますが、14年間頑張ることで、毎月3万円が老後も続くと思うと、これから50年くらい生きていく中の14年間です。

そんな大したことじゃないですね。

  • ハンドメイドを続けられるか
  • 売上を出し続けられるか
  • 無駄遣いしない生活を続けられるか
  • 投資を続けられるか

結局は継続できるかどうかが勝負になります。

継続は力なりとはよく言ったものです。

どうしても目標がないとたるみがちです。

とりあえず、こんな感じで目標を定めて頑張って行こうと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です